top of page
  • 執筆者の写真ichiyu torimatsu

”のらシクラメン”と子供たちの居場所。

自宅の玄関横に、数年前に貰ったシクラメンが今開花しています。



当然ですが貰った時は咲いていました。その年は、一旦は枯れて土だけになっていました。一年が経ち、二年目に発芽し新芽が出て来て葉を広げそして今年、咲き出しました!

その間何もせず放置していました。”野良化”していたのです。

自然の風雨と太陽の日差しで、この場所で芽を出し葉を広げ開花したのです。

植物は環境が整えば、その場所で育ちます。しかし、環境が整わなければ発芽すらしません。

生きていける所でなければ育たないのです。

逆に育つということは、その植物にとって最良の環境なのです。

さて、人間の世界はどうでしょう。とくにこどもたちの環境は?

こどもたちは、自ら自分の環境を変えることはできません。

親や大人が作った環境で育ちます。

生まれながら劣悪な環境で育ったら、そういうこどもとして成長して行きます。

その子にとって、最良の環境で育てばグングン才能を開花させていきます。

家庭内の環境は、その子にとって最良か?

学校の環境は、その子にとって最良か?

周りのコミュニティの環境は、最良か?

我々の学習塾は、そのコミュニティに入ると思います。

学習塾が、その子にとって最良の居場所として機能しているのか?

その子のもっている才能を、しっかり開花させられる「環境」が整っているのか?

我々は、日々考え行動しています。

あれこれ面倒を手厚くみないといけない子もいます。

また、必要な事だけを伝えれば、自力でどんどん進んで行く子もいます。

数学が分からず、探れば小学生の単元まで遡ってあげないといけない子もいます。

英語は、アルファベットが全て書けない子もいます。

国語では、主語と述語がとても曖昧な子がいます。文章が読めませんし、書く事も出来ません。

こうした子たちは、学習の環境が整っていなかったのでしょう。

その子達それぞれに併せて指導するスタイルで頑張っています。

講師1に対して、指導する生徒数が1であったり、2であったり、3であったり、4であったりします。

一人の講師が複数人の生徒を同時にみることは、グループ授業と言われますが、ヒーローズの指導はグループでまとめて同じ内容を解説指導するのではありません。

それぞれの生徒に併せたカリキュラムを、その時間に個別に指導していきます。

全員違う内容で、学年も違いますし当然指導単元も違う。

その子に併せてた「指導環境」を作っています。

また指導以外では、その子がいつまでも居続けたい環境を作り出しています。

「すべては、こどもたちのため未来のために!」

まずは、無料でご相談ください!!

明日に、期待!

ホームページは、こちら!

YouTubeは、こちら!

 

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏期講習&国語力アップコース!

今日は土曜日、国語力アップコース! そして、夏期講習がセットであります。 好評の国語力アップコース! 最近のこどもたちの中には、知的とかグレーゾーンではないけれど何だか変?だと思われるケースが多くあります。 物覚えがよくない、すぐ忘れる、話してる内容がバラバラ、ワードずつしか言わない(助詞がつかない)、主語がつかない、・・・ 原因はいくつかあると思われますが、環境や家族構成、学校の状況等々やスマホ

Comments


bottom of page