top of page
  • 執筆者の写真ichiyu torimatsu

グレーゾーンでも・・・

我々は、そういう子達の考え方や得意とするところが他の生徒と違うということを「スペック」と呼んでいます。

その子の「個性」であると考えています。

決して”劣っている”わけでは無い。むしろ優れているのです。

しかし、個々にみていると時間がかかったり、集中がすぐに切れたり、また拘りがあったりしてこちらの思うように進めない時が多いです。

我々が焦る時もあり、できる限りペースダウンを心掛けています。

じっくりみていると、「得意分野」があることに気付きます。

算数の計算がとても速いとか、図形の問題が大好きなのだ!とか、覚えるのに時間がかかるけど一旦覚えたらずっと忘れない!とか、そういう普通以上の能力があります。なのでスペックがあるというふうにしています。

全国的に、スペックを持っているこどもたちが増えているそうです。

中には、保護者の方が気付いていない場合もあるようです。

しっかりとまっすぐにこどもたちを、みてあげてほしいものです。

さて~今日も夕方からの授業に参戦した塾長の~今日のまかないは・・・



おにぎりセットとだし巻き卵と自家製タルタルソースのアジフライ。

教育のご相談等も承っております。ご遠慮なく!

明日に、期待!

ホームページは、こちら!

YouTubeは、こちら!

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

意外とできるもんです!

今年もわたしが担当しております理科社会。 単元ごとに小テストをしていますが、意外とみんなよくできるんです。 ただし~忘れないようにしてくれれば・・・ 学校からの課題(宿題)もありますので、併用してくれれば尚上がりやすい! ゼッタイにいけないこと・・・ 課題を後回しにしない! そんな事をしても何もなりません。 早い生徒は、すでにすべて終わらせています。 そして今後何をするのかというと、休み明けの実力

Comments


bottom of page