top of page
  • 執筆者の写真ichiyu torimatsu

テストが続きます。

10月授業スタートです。

今月と来月は、テストが目白押し。

中3生の実力テスト、中間テストがあります。更に来月にも実力テスト、期末テストがあります。

このテストの連続。とても大事です。

特に中3生にとっては、高校の内定が決まりますのでしっかり採り切りたいところです。

どういう事か?再度解説!

私立高校の合否判定の第一条件は、秋の2回の実力テストの点数が学年平均よりも、どれだけ上に出てるか?で判定します。

各私立高校で基準が異なりますが、大体学年平均よりも、20点以上上に出てればその私立高校の下のコースは合格出来ます。上のコースになると、平均よりも50点~100点上となり、各コースによっても+何点か?で決まるのです。

私立高校の中には。平均点で合格基準とする所もあります。やや下回ってもOK!の所もあります。

そして、公立高校の判断基準にも利用されます。

各公立高校で、合格出来るカモの点数が決められており、それに併せて判断します。この話は学校の三者面談で行われますが、年明けになります。

年明けの判断材料が、この秋の2回の実力テストの点数なのです。

更に、中間テスト・期末テストの結果で内申点が決まります。

1学期よりも上げていれば、内申点も上がります。しかし逆に下がるとトータル下げるので。落ちます。

ここで落としたら、3学期単体で急浮上させる事はムリです。中には、2学期までの成績(内申点)で判断する高校もあります。

総合して、何が何でも上げんと行かんのです。

同じように、中2生・中1生でも言えます。

2学期の成績を上げれば、今の学年の最終的な内申点も上がり、3学期単体では下がりません。(相当な事があれば別ですが・・)

同じように、3学期単体でのリカバリーは不可能。

何はともあれ・・・

やるしかない!

さて~今日のまかないは・・・



月見からあげ丼!

明日に、期待!

ホームページは、こちら!

YouTubeは、こちら!

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏期講習&国語力アップコース!

今日は土曜日、国語力アップコース! そして、夏期講習がセットであります。 好評の国語力アップコース! 最近のこどもたちの中には、知的とかグレーゾーンではないけれど何だか変?だと思われるケースが多くあります。 物覚えがよくない、すぐ忘れる、話してる内容がバラバラ、ワードずつしか言わない(助詞がつかない)、主語がつかない、・・・ 原因はいくつかあると思われますが、環境や家族構成、学校の状況等々やスマホ

Comments


bottom of page