top of page
  • 執筆者の写真ichiyu torimatsu

厳しさで育った子と優しさで育った子!

 子育てというものは、本当にわからん事ダラケですね。

小さい内から厳しく「シツケ」ないといけない!そうしないと、厳しい現実に直面した時にすぐに折れてしまうから・・・。

というお考えの方がいます。

また、とことん優しく甘やかせて、しかしダメな事はダメだと教えていく・・・

というお考えの方がいます。

はじめに「厳しさ」を示すのか?「優しさ」を示すのか?どちらが、その子の将来の為になるのでしょうか?

答えは・・・

お猿さんの話をします。

ニホンザルは、生まれた子供を丸一年間抱き続けます。ママにべったり・・・甘やかせて育てます。また中にはそれができない親猿もいます。

一年後の両者の子供の違いは・・・

甘やかされて育った子は、すぐに集団に溶け込めるようになります。コミュニケーション能力が身に付いています。

甘やかされずに育った子は、なかなか集団に入れません。孤立し、自力で生きられなくなります。

人間はどうか?

やはり同じ事が起こります。

人間の場合、三歳くらいまで思いっきり甘やかして育てると、大人になってからどんな厳しい困難でも乗り越えようとします。心にたくさんの愛情(愛着)があるからです。

逆に厳しく育えられた子は、大人になって今までの経験以上に厳しい困難に直面したとき、ポキッと折れます。

苦しみに耐えられるだけの愛情(愛着)がないからです(足らない)。

苦しみに耐えて乗り越える時には、小さい頃に注がれたたっぷりの愛情(愛着)が必要になります。苦しみに耐える修行をしてもその場限りで意味がない。

今だけ耐えられるようにするのか?未来で耐えられるようにするのか?

こどもたちの未来を守るには、今何をするべきか?正しい判断が重要ですね。

我々の塾屋も同じ事が言えます。

スパルタ的にビシビシやる塾があります。方やゆる~く、甘~く、楽しくやる塾があります。

その時々のこどもたちの状況に併せて通わせれば良いと思います。

今すぐ何とかしないといけなければ、ビシビシ系がおすすめ。ただし先を見据えた場合、折れやすくなりますね。

ゆるいけど、勉強が楽しいと思えるようになる塾で頑張る子は、将来少々なことで折れませんね。ただし、今すぐにアップできるかどうかは状況次第です。

ヒーローズはゆるゆる系です。

たのしく、ゆるゆる~~しかし成績は上がっています。

さて~今日のまかないは・・・



カレーライス!

明日に、期待!

ホームページは、こちら!

YouTubeは、こちら!

 

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ほぼオール「5」!

快挙であります! 懇談が行われてる中学校。 今日懇談があり、一学期の成績を見せて貰った中3受験生男子君。 一部「4」がありますが、ほぼ「5」です。 よっしゃ~~! なんとか一学期は乗り越えた! この調子でいけば、志望校への合格は間違いない!と言われたそうです。 この夏休みがカギであります。 ガッツリ夏期講習を入れてガンバリます! まぁ~大体が「5」以上ありませんので・・・ 現状維持が難しくなります

ちびっこ・こくごさんすう!体験レッスン受付中!

今日ははじめて「ちびっこ・こくご・さんすう」の体験レッスンを年長さんに受けて頂きました! ひらがなから、ゆっくりじっくり書いていきます。「あ」からはじまるものは??? 「あめだま」「あり」「あじさい」・・・ 「あした、おりがみであじさいつくるんやでぇ~」 「おう!すごいねぇ~~~うまくできたらじゅくちょうにみせてね~」 「うん」 50分授業でしたが、しっかり集中して取り組んでくれました。 やれば、

Comments


bottom of page