top of page
  • 執筆者の写真ichiyu torimatsu

国語力アップコース!連続~

今日は国語力アップコース!の授業です。

13時~17時までの連続!

生徒は入れ替わります。

内容は、初級編の生徒から超上級編の生徒まで・・・

超上級編の生徒をみていると、「よくここまで成長してくれたなぁ~」と感慨深いものがあります。

それでもドジって、とんちんかんな答えを書く時もありますが・・・

しかしよく頑張りました。

超上級編も更に上に向かいます。

初級編の生徒も必ず超上級編までいけるので、がんばりましょう!

常々みんなに話しているのは、「国語は考えてはいけない!」ということです。

読み込んだりしてもいけません。

読み込めばその分内容がはいりますが、往々にして自分の解釈で入ります。なので、問題の答えを間違えるのです。

特に筆者の考えや要旨を答える問題では、効果的にバシッ!と言い当てるのが難しくなります。

それをどのようにして回答するのか?

的な~~ことを習得していきます。

これなかなか一筋縄ではいきません。

何度も演習を繰り返しおこない、ある種の「勘」を身につけるのです。

そしてその勘を使ってピンポイントに答えを出す。

安直にテクニックだけを聞いたとしても、使いこなせないのです。

その「勘」を養う第一歩は!

「主語述語」なのです。

主語には、「は」「が」「も」「こと」「こそ」が付きます。

例えば、「あなたは」は主語になりえますが、「あなたの」は主語にはなり得ません。「あなたの時計は」とくれば、「時計は」が主語になります。

身に付くまでは、なかなかこういうところが理解できません。文法的に考えれば理解できるかもしれませんが、国語力が元々弱い子は文法自体も理解できていません。そもそも・・・

ある程度のルールを叩き込むんです。

だからそれなりに期間がいります。

でも確実に国語力がついて行きます。

国語力がしっかりついてから、文法を覚えればスムーズです。

中には、「いやいや~文法をマスターできれば国語力もすぐ上がるでしょう!文法が先だよ~」という方もいますが・・・

小学生の低学年に文法が理解できますか?

国語力は、小学三年生までで定着すると言われています。

まずは国語力をつけて、その後から文法です。

英語もまずは聞いて話して読んで書いて・・・そして文法です。

この流れになっていない教育だから、英語力が言うほど高くないのです。

ちびっこ英語をやっていますが、幼稚園の年中さんに「be動詞」「一般動詞」を話しても理解できませんし、そんな授業は成り立ちません。

大体が、たのしくない。

そうです。たのしくなければ塾じゃない!

だから~~~私の国語力アップコース!の授業は、笑いが絶えないのです。

今日は保護者の方の見学もありました。

こどもたちはゲラゲラ大笑い!お母さまもうしろで爆笑!

これがりんくう校の国語力アップコース!

明日に、期待!

ホームページは、こちら!

YouTubeは、こちら!

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏期講習&国語力アップコース!

今日は土曜日、国語力アップコース! そして、夏期講習がセットであります。 好評の国語力アップコース! 最近のこどもたちの中には、知的とかグレーゾーンではないけれど何だか変?だと思われるケースが多くあります。 物覚えがよくない、すぐ忘れる、話してる内容がバラバラ、ワードずつしか言わない(助詞がつかない)、主語がつかない、・・・ 原因はいくつかあると思われますが、環境や家族構成、学校の状況等々やスマホ

Comments


bottom of page