top of page
  • 執筆者の写真ichiyu torimatsu

始業式まで1週間!

始業式まで1週間です。

宿題(課題)終わってるぅ~~~??

春休みは、比較的宿題は無い傾向にありますね。

学年が変わるので、ワーク類など次学年でも続くものがあれば出せますが、そうでなければ難しいかな??

残り一週間!春期講習は続きます!しっかり復習・予習しておこう!

中学での成績について・・・

中学では、中間テスト、期末テストと期間ごとにテストがあります。学期末ごと、テストの点数などを元に「内申点」(大阪府では5~1のポイント換算になります)が付けらえます。

その内申点を持ち点として次学年に上がります。更に2年生でも同じように学期ごとに内申点を決め、学年末で学年の総合内申点が決まり、更に3年生に持ち上がります。

3年生でも同じように決まります。

で、1年、2年のそれぞれの内申点に×2をします。3年生の内申点には×6をして、1年+2年+3年で総合点が出ます。オール5であれば合計450点になります。

その点数が「公立高校入試」の際に、当日の入試問題の点数と内申点の総合点それぞれに、各高校での評価の係数が掛けられ、総合点が出されます。その点数の上位から順番に合格していくシステムです。

少しややこしいですね~。

ま、簡単に言えば「中1の最初の中間テストの点数から、高校の合否判定がかかって来る!」という事です。

よくあるのが、中1の一学期の様子を見て、点数が悪ければ「塾」に通わせよう!という方。

それって、ヤバくね~~・・・。

それでは、一学期の内申点が悪いまま二学期に行く事になるので、マイナススタートですね。相当2学期以降頑張らないと、内申点の改善は難しいです。

まして、学習する力をつけていないので、いきなり「2学期から頑張ろう!」と言われても、相当難しい展開になります。まず集中出来ないです。

そう言う事をよくご存じの方は、小学6年生あたりから本格的に学習をさせて行きます。

結果が出てからでは、少し遅いんじゃないでしょうかね~。

うちの傾向で行くと、小5あたりから学習を始めて行く子は、中1の初めの中間テスト400点超えます。その後の期末テストでは若干下がりますが、大幅には落ちません。

二学期以降も高水準で推移していけます。

それは学習力がついているからです。

少しでも早めに学ばせた方が、学習力がつきやすいですよ!

さて~今日のまかないは・・・



またまた、オムライス!

ケチャップライスが多すぎて、包めてません(笑)。

明日に、期待!

ホームページは、こちら!

YouTubeは、こちら!

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

意外とできるもんです!

今年もわたしが担当しております理科社会。 単元ごとに小テストをしていますが、意外とみんなよくできるんです。 ただし~忘れないようにしてくれれば・・・ 学校からの課題(宿題)もありますので、併用してくれれば尚上がりやすい! ゼッタイにいけないこと・・・ 課題を後回しにしない! そんな事をしても何もなりません。 早い生徒は、すでにすべて終わらせています。 そして今後何をするのかというと、休み明けの実力

Comments


bottom of page