top of page
  • 執筆者の写真ichiyu torimatsu

成績の高い中学生のおうちの環境。

{「中学生」成績トップの子の親がしている事}(大和出版・國立拓治著)より・・・

学力の高いお子さんを持つ親御様から、貴重なアンケートをとった本書。いくつかピックアップします。

アンケートより、

第一位・・・「保護者が成績をしっかり把握している」

こどもことをよく見ているという事です。

第二位・・・「朝食は抜かない!」

朝食のご飯やパンは、ブドウ糖です。頭のエネルギーですね。朝からしっかりエネルギーを入れておく事が大切。

第三位・・・「親子の会話が多い」

食事時など、今日の出来事などしっかり話しているようです。

第四位・・・「親子間の仲がいい」

お互いに信頼し合って、困った事などすぐに相談できていますね。

その他、スマホは学習時や就寝時には触れません。音楽を聴きながら、テレビやYouTubeを見ながらの学習はしない。就寝時間はいつも同じ。読書習慣がある。勉強の時間が決まっている。そして「勉強しなさい」とは一切言わない。

また、勉強する場所については、「リビングで」やる事が点数アップにつながる。

これには理由があります。

自室でやると、ついつい学習に集中出来ず余計な事をし始めて、肝心の学習が出来なくなります。なのでリビングでやると、集中していなければ、親や兄弟姉妹が注意を促したり周りの目を気にするので、結果効率よく出来ます。だから点数に反映しやすい。

でもね~、本来は自室でしっかり集中する力をつけておいた方が良いのです。学習内容が高度になると、周りの環境が逆に邪魔になるからです。

あくまで初期の段階で有効ですね。

さて~今日のまかないは・・・



あんかけ炒飯!

明日に、期待!

ホームページは、こちら!

YouTubeは、こちら!

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏期講習&国語力アップコース!

今日は土曜日、国語力アップコース! そして、夏期講習がセットであります。 好評の国語力アップコース! 最近のこどもたちの中には、知的とかグレーゾーンではないけれど何だか変?だと思われるケースが多くあります。 物覚えがよくない、すぐ忘れる、話してる内容がバラバラ、ワードずつしか言わない(助詞がつかない)、主語がつかない、・・・ 原因はいくつかあると思われますが、環境や家族構成、学校の状況等々やスマホ

Comments


bottom of page