top of page
  • 執筆者の写真ichiyu torimatsu

私立高校入試まで、あと2日!

目の前に来てます!

ガッツリやり込むのは、明日一日だけです。

明後日の前日は、軽~くこなしましょう!

前回も話した通り、前日には持ち物チェックと、電車の時刻の確認、道順などおさらいしておきましょう。

スマホは使用禁止!(持っていて電源が入っていたら即退場!)

時間配分が必要になるので、腕時計を持っていく事をお勧めします。小さい置時計でも良いですが「コチコチ」うるさいのはタブ~。やはり腕時計ですね。音は出ないようにしておく事。時計がなければ100均へ行けば手に入ります。

私立の入試倍率も去年並みか、やや落ちるところもありますね。

それでも高い傾向にあります。

倍率など気にせず、最後まで諦めずに解きましょう。

健闘を祈る!

さて~今日のまかないは・・・



鴨南蛮定食!

中1,2年生では学年末テストが迫ってます。

今週中に課題を全て終わらせておく事。

その段取りが出来なければ、点数は低めになります。

成績アップの条件の一つは、まずは課題を全て終わらせておく事です。

課題だけを頑張ってもせいぜい60点行くかどうかです。という事は、内申点では「3」しかつきません。

オール「3」では、進学校へは行けません。

昔の成績基準で育った保護者様の中では、オール3でも「そこそこ行ける」と思っている方も多いでしょう。真面目に提出物を出し、前向きなそぶりで授業を受けてたら点数が低くても「3」は付くだろうと・・・

今は違うんですよーーー!

大学へ進学する生徒は、全体の9割に上ります。(大都市圏)

大手企業でも、大卒を優遇します(偏差値の高い大学ほど優遇される)。

オール3では、大学へ進学できる可能性の低い高校しか入れないのです。

学歴を優遇するのではなく、本人の学習力の高さをみるのです。学歴が良いという事は、学習力も高いです。後は性格が前向きか?とか、明るいか?とかで判断されますね。

世の中に出て、正しく判断し正しく考えられる能力があるかどうかです。

そういう良い能力に成長させてるのが、小中高校の学習指導なのです。

又、その学習指導について行けていない子は「ダメ」なのかというと、そうではない。それは違うお話です。

学習して脳を成長させる方法は、こどもたちそれぞれ違ってあたりまえ。ここでの話は基本的な事。個別でいろんなことがあるのは事実。一概に言い切れません。

が、基本を知らずして先が読めますか?

基本を知った上で、個別にうちの子は少し違うから「どうしてやればいいのか?」と発展すればいいだけの事。

脱線気味なので、元に戻すと・・・

とにかく成績を上げてナンボの世界だという事です。

明日に、期待!

ホームページは、こちら!

YouTubeは、こちら!

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

意外とできるもんです!

今年もわたしが担当しております理科社会。 単元ごとに小テストをしていますが、意外とみんなよくできるんです。 ただし~忘れないようにしてくれれば・・・ 学校からの課題(宿題)もありますので、併用してくれれば尚上がりやすい! ゼッタイにいけないこと・・・ 課題を後回しにしない! そんな事をしても何もなりません。 早い生徒は、すでにすべて終わらせています。 そして今後何をするのかというと、休み明けの実力

コメント


bottom of page